私の芸術は「人生は廻り合いの産物」であると訴えます。

私が発想したのは2013年8月わが町に15,000年前の古代人「縄文遺跡」が発掘され

研究者がその場で私に遺跡を持たせてくれて「この時代には10000年間言葉がなかった」と教えてくれた時でした。

古代人はどうやってこの焼き物造りを伝えてきたのか?、何を思って土偶を残していったのか?

西に見える鈴鹿の山脈は今見る姿だったのだろうか?、なぜその真実の歴史が隠されてきたのかを

9次元インスタレーション芸術として世界の皆様に見せたくなりました。

我が日本には世界に誇れる世界最古の器とスープがあったこと、

世界最古の芸術があったことを回転絵画と陶芸作品のコラボレーションで、

私のフードコンサルタント20年の経験と芸術家20年の力で表現しました。

PAGE TOP