10,000年前の日本の縄文中期の洞窟物語!! (表裏一体作品)

あらゆるものが渦を巻き、長く、太く、表現されているのは長命を願う純粋な精神の表れである。

その最たるものは現実に見る「蛇」である。

そして突如としてキバをむいて襲い掛かる姿には、大変驚いたことであろう。

それで「火」を発明して身を守り、衣・食・住に活かして生き延びた。

現代もやはりエネルギーこそが人間の永遠のテーマである。

現代100才時代だが50年したら150才時代になる。

それには量子エネルギーを使えば出来る。

 

布キャンパスF20号 表面(両面作品)杉枠 油彩

裏面作品 10,000年前の日本の縄文期の土偶達の世界

*時々裏表を換えて楽しんでください。

サイズ 60.6 x 72.7 cm x 1.5cm

重量 1kg

¥2,000,000

$20,000

(税・送料別、額縁なし 丁寧に梱包いたします)

PAGE TOP