保護司の苦悩

副題:ボランティアの心

我が同級生、加藤良子さんの心の姿を9次元で描きました。

彼女はこれまで瑞宝双光賞と藍受褒賞の2つを叙勲された経歴を持って、今も活躍されています。

彼女のボランティア精神は悪の道から救い出す、神の力を信じて行動しているからでしょう。

いつも気になるのは、刑務所から出所した人々が、前への道を歩き出してくれているかという事です。

人生はときには暗い時期に遭遇することは誰にでもあります。

その時、手助けしてくれる人こそが光となります。

光を照らす人こそ、私は神であると信じています。

 

布キャンパスM20号 桐枠 アクリル絵の具

サイズ 50cm x 68cm x 1.5cm

重量 1.01kg

売約済み

PAGE TOP